美術修復修行中。


by jaimeleschiens
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

虫さされに、電気ショック。

今日も一日、解体作業。
ただ鉛からピエスを外すだけならわけないんですが、ピエスを外すごとに、ピエスにこびり付いたマスティックを落とす作業が、非常に手間がかかります。しかも、ピエスによっては、絵付けも一緒に色落ちしてしまうことがあるため、とても慎重に行います。本来絵付けは、きちんと焼き付けられていれば、まず色落ちなどあり得ないのですが、グリザイユの質が悪かったり充分な温度で焼き付けられていなかったりした場合に色落ちが発生することがしばしばあるようです。また、パネルが長年何らかの悪条件にさらされてガラスが劣化している場合などに、絵付け部分も腐食して色が剥がれたりというようなこともあります。今日のパネルは、まさに要注意のパネルです。

さて、このアトリエは、近くに川が流れているためか、夕方にもなると蚊がすごい。おまけに、刺すハエもいて、これがまた痒いんです。私、この刺しバエに好かれ、両腕とも無惨な有り様...。見兼ねたアトリエ主の奥さんが、前に「これ、効くワヨ♪」とプレゼントしてくれたのが、コレ↓↓
b0108483_7534514.jpg

シャチハタのハンコみたいですね。
喰われた箇所にこの黒い部分を充てて、カチカチカチカチ と複数回、頭のボタンを押します。その都度弱い電気ショックが起こり、痒みを忘れるという代物。
先日紹介のビニール水入れ、炭酸水に続き、これもイタリア製ですが、こういうのを考えだすのがイタリア人なんですかね? 私のツボをくすぐります。
効果のほどは...
ん〜どうかなあ。キンカンのほうが効くかなあ〜。
(職人達、キンカンを絶賛です。)

でも、なにげに安くないんです、これ。親指サイズなんですが、バーコードの下に14,50 ユーロと表示されています。↓↓
b0108483_7554599.jpg

[PR]
by jaimeleschiens | 2006-07-18 23:50 | 平日