美術修復修行中。


by jaimeleschiens
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

県境の小さな礼拝堂

今日は、職人二人とメチエ・ダールの研修生とで、県境の小さな集落の小さな礼拝堂へ、窓はめ込み工事へ。
私はアトリエで、昨日の続き。割れたピエスが多くて、ひたすらデピケ→ティファニゼ→フピケの繰り返し。
午後4時頃、アトリエ主とともに、職人と研修生のいる礼拝堂へ向かいますが、なにしろ県境なので遠い。平均時速100キロで飛ばして、一時間後に到着。この集落は、家が僅かに三軒のみの本当に小さな集落です。こういう、村(VILLAGE ウ゛ィラージュ)に満たない小さな集落を「HAMEAU アモー」といいます。
b0108483_18554530.jpg
この礼拝堂(CHAPELLE シャペル)は、今まで荒れ果てて、屋根も落ちて内部も野ざらしになっていたものが、ようやく今、経済的に目処がついて、少しずつできるところから修復することになったというものなのですが、この集落を含む村の台所事情は相当に苦しいらしく、本当はすべての窓にステンドグラスをはめたいところを、今回は正面奥の小さな細長い三枚のみで終了。しかも、この三枚、ステンドグラスではなく、テルモフォルムという手法で、もとは補強窓用。ステンドグラスより若干安めの窓なのです。
b0108483_19448.jpg

すべての窓がステンドグラスで覆われるには、きっと次の世代を待つことになるでしょう。なので、そのときまでの一時しのぎに、他の窓はポリカーボネイトでふさいで今回の工事はすべて終了。このシャペル、なんかこう、小さいながら一生懸命生きている感じがして、おもわず応援したくなります。がんばれ。
b0108483_185850100.jpg

[PR]
by jaimeleschiens | 2006-07-04 22:52 | 平日