美術修復修行中。


by jaimeleschiens
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

週35時間就労/裏庭のさくらんぼ狩り

私は、今日も一日ネットワイアージュ、研修生はデッサンの続き。
その他の職人は、金属を上塗りした後、今日はもう仕事が無いからと、皆、家に帰ってしまいました。

フランスは「週35時間就労」という決まりになっていて、文字通り一週間で35時間働けばよく、例えば、月曜日に7時間、火曜日に8時間、水曜日に8時間、木曜日に7時間働いた場合、金曜日は5時間働けば計35時間。なので、今日帰ってしまった職人は、今日働かなかった分を明日と明後日で余計に働いて、最終的に35時間になればいいわけです。

さて、研修生が取り組んでいるシステルシアン、これは、うちのアトリエ主の懇意の、グリザイユ製造や補強窓作成で有名なアトリエへ、補強窓注文の見本として月曜日に届けることになっているのですが、この研修生は、昨年の今頃、そのアトリエで短期修行を済ませていて、今年もまた、うちのアトリエで来週金曜日まで研修をした後に再度そのアトリエへ移り、それからまたうちのアトリエへ戻ってくる、と、行ったり来たりでちょっとややっこしいのですが、まあ、そういうことになっているんだそうです。
それで、今日は、そのアトリエについてや、大学院修了まで学んでいたというステンドグラスパネルの時代別判断基準についてなど、いろいろと中身の濃い話をしてくれて、とても勉強になりました。研修生に感謝。

ところで、午後6時半、いつもの親切ご近所さんから、裏庭のさくらんぼを採りに来るようにと電話があり、急いで仕事を終えて、研修生を誘ってバケツを山盛りにしてきました。親切ご近所さんはさくらんぼジャム作りの最中で、台所のテーブルはジャムポットだらけ。真冬を除いて、どの家も競ってジャム作り、その執念には凄まじいものがあります、男女違わず。少し前はいちご、今はさくらんぼ、そろそろアプリコット、桃。秋にもう一度いちごの時期があって、その後りんごや洋梨。冬間近にはマルメロ。私も昨年、親切ご近所さんからマルメロジャム作りをしごかれました。
[PR]
by jaimeleschiens | 2006-06-22 23:11 | 平日